「キレイ痩せ」への扉を開いて、美しくなることを恐れない。

 

ある日突然、平和な日常に事件が起こって
どうしても「キレイに痩せたい」と心から想ってしまったら。

 

どうか、この記事を読んでくださいね☆

 

女性が「キレイ痩せ」に目覚める時、人生は大きく転換します。

 

誰かのために、もしくは自分のために
今までの体型に別れを告げて、「新しい私」を見つけたい。

 

女性でしたら、そういう気持ちに一生のうち何度かは捕われるものです。
心の奥深くに眠る「美の野心」が目覚める瞬間ですね^^。

 

こうしてあなたが「キレイ」を目指してダイエットを始めると
日常生活に大きな変化が起こり始めます。

 

日々の習慣、周りの反応、付き合う友達、恋愛関係。。。
極端に言えば、全てが以前と変わってしまう可能性もありますね。

 

それは、場合によっては、少し痛みを伴う経験になるかもしれません。

 

というのは、キレイな女性には強烈な引力が働くので
魅力的な男性やチャンスを引き寄せたりもしますけれど

 

一方で、好ましくない男性や
女性からの嫉妬も多々引き寄せてしまうからです。

 

残念ながら、美人は必ずしも得するばかりではないんですよね。。。
いわゆる「美人税」と呼ばれるものです^^。

 

それでも、やっぱり「キレイ痩せ」を目指したいあなたへ

 

大半の女性は、そんな「美しさ故の不都合」を本能的に知っているので
何となく、メディアや周りをコピーして「無難に可愛い」レベルに安住しています。

 

でも。。。
そんなありきたりな美しさって退屈ですよね。

 

やっぱり私たちは、この世に一つしかない「キレイ」を目指していきたいです^^。

 

 

まずは自分をよく見つめることから始めよう

 

そのために、とっても大事なコトがあります。

 

それは

 

ただ憧れの人を真似るのではなくて
自分の内側からキレイをさがしていくってコト。

 

現在の自分からスタートしたのでなければ
どんなにキレイに痩せても、それは造りものに過ぎないからです。

 

いずれ儚く散ろうとも、ひたすら咲き誇る桜の美しさに
造花はどんなに頑張っても太刀打ち出来ないのと同じですね。

 

「でも。。。私には気に入らない部分がいっぱいあり過ぎて
とても自分の内側にキレイが眠っているとは思えないの。。。」

 

うんうん、分かりますその気持ち^^。

 

往々にして、私たちはコンプレックスばかりが気になって
自分のコトが好きになれなかったり、弱点を隠そうとしますよね。

 

でもね、実はそんな気に入らない部分こそが、魅力に変わる場合が多いんですよ^^☆

 

まりあ自身も、実はバレエを踊っている10代の頃は
バレリーナのようなスレンダーボディでないことを悩んで
それはそれは涙ぐましい努力をしましたが。。。

 

やっぱり、バレリーナ体型にはなれませんでした。
当たり前ですよね。。。骨格がそもそも違うんですもの。

 

ところが
ヨガを教えている今は、インドの理想がグラマラスボディであることから
生徒さんたちからは「ヨガをすると、まりあみたいなスタイルになれるのね。。。」と

 

ある意味、目標にして頂けるようになりました^^☆

 

 

美しさの答えは一つではないので、自分らしさを大切にしていくことで
誰にも真似できないキレイを実現できるものなんです^^。

 

カラダを取り囲む余計なものを全て取り去って、「ピュアな私」になる。
「本来の自分の美しさ」に出逢う勇気と覚悟を持つ。

 

まりあの考える「キレイ痩せ」の美学です。
あなたと一緒に追求できたら素敵ですね☆

 

コメントを残す




CAPTCHA