「美ボディ黄金比率」ゴールデンカノンを計算して完璧なモデル体型に

 

ゴールデンカノンを計算

まるで女神のような流線形ボディ。

 

目指すには、見た目に完璧な「美ボディ黄金比率」
ゴールデンカノンを計算して、そこに自分のカラダを
近づけていくのが近道です。

 

「ゴールデンカノンとは、一体何のこと?」
そう思われたあなたのために説明すると

 

ランジェリーメーカーワコールが40年間に渡る
日本女性の体型データと意識調査に基づいて
分析を重ねた末に算出した美しい体型の指標ですね^^☆

 

厳密には、カラダの至るところを採寸して
細かく計算していくのですが

 

 それぞれの身長に合った理想のスリーサイズ

 体型の4つのタイプ『X.I.V.A』

 

この2つさえ分かっていれば十分ですので
今回はここにフォーカスしてお話を進めます^^。

 

自分の理想値を知っていると
キレイ痩せの効果も驚く程加速していきますよ。

 

一緒にゴールデンカノンを計算しながら
美ボディメイキングの下準備を始めましょう^^。

 

 

 

 ゴールデンカノン1:身長別理想の3サイズ

 

それでは、まずはあなたの身長にふさわしい3サイズを
確認していきます。

 

日本では多くの女性が
「ウエストは60cm以下に絞ると美しく見える」と誤解しているのですが
本当に大切なのは、バストとヒップとのバランスです。

 

胸から下降するラインが腰に流れていく曲線的な美しさは
ただ単に角度が急だったら理想的な訳ではないですよね。

 

海外のトップモデルや女優たちは
こうした「黄金比率」をしっかり意識していて

 

「ヒップが貧弱だから、もう少しグラマラスアップしよう」とか
「アンダーバストの肋骨が浮き出てカッコ悪いから脂肪をつけよう」とか
見た目をゴージャスに磨くのに余念がありません。

 


ですから、ダイエットに取り組む前には

自分の身長に見合った理想の3サイズを確認しましょう^^。

 

さて、ゴールデンカノンの計算式は
以下の通りです。

 

ゴールデンカノンの3サイズ計算法

バスト=身長×0.54

ウエスト=身長×0.38

ヒップ=身長×0.54

 

 

 

 

因みにまりあは身長163cmなのですが、計算してみると

◆バスト:163×0.54=88.02 →88cm

◆ウエスト:163×0.38=61.94 →62cm

◆ヒップ:163×0.54=88.02 →88cm

となります^^☆

 

この数字を理想の美ボディ写真と一緒に記入して
チラチラっと視界に入る場所に置いておくと

 

かなりこの数値に近いラインをキープ出来るのでオススメですよ^^。

 

ゴールデンカノン2:体型の4つのタイプ『X.I.V.A』


そして二つ目の指標『X.I.V.A』は
女性の体型を4つのタイプに分けたものです。

 

その中から自分に近いものを見つけて
ボディメイクに
取り組む対策を立てていきます。

 

それでは、それぞれの特徴を紹介しますね^^。

 

X:メリハリ体型

ウエストのくびれが美しい☆最も理想に近いボディ


バストとヒップにボリュームがあり
ウエストが引き締まった、見た目に美しい体型です。

 

3サイズのバランスはこれでOKなので
後はヒップやバストを上向きにリフトアップして
みずみずしい美肌に作り上げていくかが大切ですね^^☆

 

脚、二の腕、フェイスなど
ボディを更にキレイに魅せるために
細部に渡っての重点ケアも心がけるとパーフェクトです。

 

 

I:ストレート体型

細身だけど、メリハリに欠ける☆寸胴ボディ

 

ゆるいファッションに身を包んでいると細身で可愛らしいのですが
水着やランジェリー姿になると、若干女性らしさに欠ける体型です。

 

寸胴なウエストは大抵内臓下垂によるものが多いので
バスト周りを開く胸式呼吸や背筋を伸ばすストレッチを
習慣づけるのがオススメです。

 


また、睡眠の質を上げることも女性らしいボディ作りには有効です。

夜にはアロマオイルを焚いたり、静かな音楽を聞きたりしながら、
ゆったりとした気持ちで眠りにつける工夫をしましょう^^。

 

 

V:バスト優勢体型

上半身にお肉がつきやすい☆たくましい印象のボディ

 

逆三角形で、がっしりした体つきです。
頭や顔が大きく見えてしまうのが悩みの体型ですね。

 


下半身をボリュームアップするために筋トレを取り入れていくと同時に

上半身の背中や二の腕パーツなどを、ストレッチやマッサージで
柔らかくほぐして華奢に見せましょう。

 

また、このタイプの女性は、頭で色々考えてテンションが高いので
バストケアで胸をなでおろし、ウォーキングを習慣にして

重心を引き下げるように心がけると良いかもしれません^^。

 

 

A:ヒップ優勢体型

下半身が太め☆日本人女性に多いボディ

 

ヒップが大きくて、脚が太めな割に、バストが小さいタイプで
日本女性の多くの方が当てはまる体型です。


このケースの場合、大事になってくるのは

脚のむくみやセルライトのケアですね。


冷えとか血流やリンパの滞りで代謝が落ちている状態なので

食事制限や激しい運動を行うのはNGです。


まずは脚やせに取り組んで、エネルギーを

上へ引き上げるカラダ作りに取り組んでくださいね^^。

以上です。いかがだったでしょうか^^?

 

因みにゴールデンカノンは
三万人のデータから約千人を選抜し、それを美の専門家による審査にかけて
最終的に「美しい」と判断された数値を元に決められた黄金比率です。

 

まだまだ体重に固執してカラダに無理がたたるような
ダイエットに取り組まれている女性も多いですが


本当に大事なのは
3サイズのバランスなんです。

 

どうか、体重計はこの際物置の隅に片付けて
メジャーや鏡、カメラとお友達になってくださいね^^☆

 

 

コメントを残す




CAPTCHA