女性をキレイにする男性との恋は楽しい

 

女性を美しくする男性


”こんなに沢山の人に

取り囲まれているというのに
何故だろう。。。いつも孤独なんだ


帰りたい

君がとても恋しいから”

 

(BY マイケルブーブレ【HOME】)

 

大好きな人との出逢いに感謝の気持ちでいっぱいになったら。。。

 

マイケルブーブレ(Michael Bublé)【HOME】。


この曲。。。今まで何度聴いたかな。。。


大切な彼に対する気持ちが高まると
決まって
恋しくなる一曲です^^。

 

もしあなたに大切な人がいるならば
「出逢ってくれてありがとう。」って思ったときに、聴いてみてください。

 

いつでも帰れる場所に、大好きな人が待っていてくれるって素晴らしい。。。
そう感じて頂ける名曲だと思います^^。

 

 

「恋はゲームに似ている」

 

女性だったら一度は素敵な男性と恋に落ちてみたい。。。
そう願うのは自然なコトだと思います。

 

その証拠に

 

多くの女性にとってキレイに痩せるための最大目的は
好きな人に振り向いてもらうコトなんですよね^^。

 

それって、素晴らしいです。
想いがそれぞれの大切な人に届くと良いですね。

 

でも、恋愛って叶っても叶わなくても
本当に出逢えて良かったって思える人が相手だったら

 

恐れないで前に進むべきだと思います。

 

結果はどうであれ
良い恋愛は女性を一歩成長させるものだから^^☆

 

それで、後悔しない恋愛をするにはどうしたら良いのかなって
【恋愛ハウツー本】を紐解いてみると

 

「恋はゲームに似ているから、しっかり駆け引きをしましょう。」
なんて書いてあるんですね。

 

駆け引きというと、何だか裏がありそうで。。。
抵抗があるかもしれません。

 

でも安心してください^^。

 

恋愛において意図される「駆け引き」とは
決して悪意が潜むモノではないですから。


それは


シンプルに言えば「相手の気を引くコト」であり

もっとシンプルに言えば「魅力的でいるコト」なんだそうです。

 

因みに、エッセイストの山咲千里さんはこう書いています。

 

気を引くというのは、
オンナという生き物をオトコに教え伝える努力だと思うことがある。
そしてもうひとつ、オトコがオトコでいられるような場所を用意してあげること。

 

素敵な表現の仕方ですね^^。流石です。

 

「男性として、もしくは女性として、
それぞれの進化が恋愛には必要だから

その時間をお互いにリスペクトしよう。」

 

 

まだまだ恋愛においてはヒヨコのまりあが
自分の言葉に直すとこんな感じかな^^。

 

 

 「帰りたい」。。。お互いの【HOME】になれることが理想

 

マイケルブーブレの【HOME】は、恐らく
本人の心情になぞられて歌われているのでしょうね。

 

強運と才能に恵まれたマイケルが
世界をシンガーとして駆け巡る中で、唯一得るのが難しくなったもの

 

それが

【HOME】、愛しい人の待つ場所で過ごす時間。

。。。というのがこの歌で伝えられているメッセージです。

 

帰らせて

余りにも遠いよ
君のいる場所から

だから、もう帰りたいんだ

 

歌詞を読んでいるだけで、もう
胸がいっぱいになってしまいます。

 

実は、私の彼もマイケル同様に超多忙です

 

この記事を書いている今も重要な仕事に着手していて
私の彼は睡眠も満足に取れない状態なんです。。。

 

そんな時は本当に迷ってしまいます。

 

一言「お疲れ様」って伝えるコトで彼をねぎらってあげたい。
けれど、そうして貴重な5分10分を奪うコトに対するココロの痛みもあって。

 

だから考えて、考えて。。。なるべく短いメッセージを送るのですが。。。

 

そんな大変な状況でも必ず返してくれて
「君のために時間を使えなくてごめんね」。。。って


自分は睡魔と疲労で倒れそうなのに

それでも私のコトをまず一番に考えてくれるんです。

どうしてそこまで優しいのとか
そんなに無理して欲しくないのになんて

 

頭の中で色々な想いが旋回してしまうと
何だか哀しくて自然に泣けてきてしまいます。。。

 

誰だって大切な彼が
疲れて辛そうなのは見たくないですものね。

 

でも、思い返すと、彼はこんな風に私の特別な人になる前から
いつも私の【HOME】でいてくれました。

 

「焦らなくて良いよ。僕はいつまでも待ってるから。」

 

それが口癖で、たとえ私が間違った選択をしそうになっても
自分で前に進む道を選ばせてくれましたし、辛抱強く見守っていてくれました。

 

でも、恥ずかしながら、彼の優しさに気がつけなかったことが
私には何度もあったんですよね。

もしかして今もかな。。。?

 

でも、だからこそ、今度は私が彼の【HOME】になれたらってココロから願っています。

 

私にとって駆け引きとは

 

彼が私の中に見ている夢を壊さないようにココロを配る。
ただそれだけです。

 

「放っておいたら、彼女はどこかへ行ってしまうかも」
そんな心理的な不安感を常に相手に与えるのが、実は恋の正攻法なんだそうですが。。。

 

そうして彼を苦しめるのは、私には出来そうもないかも。

 

むしろ

 

「どこに居ても、彼女はいつもそばにいてくれる」

 

彼にはそう感じてもらいたいんですよね。
たとえ独りでいても、一層強い安らぎを味わってもらいたいから^^☆

 

コメントを残す




CAPTCHA