グラマラスボディを作るダイエットの心得


「女性らしいしなやかなメリハリボディを目指したいのに

何故か余計な筋肉ばかりついてしまうのは何故?」


「ダイエットを一生懸命やっていたら

真っ先にバストからサイズダウンしてしまった。。。」

 

これってキレイに痩せたいのに大半の女性が
陥るジレンマですよね。。。

 

本当に手に入れたいのは
憧れの彼に振り向いてもらえるような「女神ボディ」

 

それでは

 

どうしたら望み通りのボディメイキングが出来るのか
ゆっくり見ていきましょうね^^。

 

大切なあの人に自分の美しさを捧げる気持ちを大切に

 

キレイを目指して美を磨く時に、とっても心強いのが
セクシーなボディメイキングを一緒に楽しんでくれる人の存在です。

 

「自分のために痩せる」って言うのも、勿論素晴らしいコトなんですよ。

 

でも、自分の愛する人のためにキレイになりたいって思うと
女性は無敵なくらい美しくなれるんです。

 

親身になってあなたを大切に思ってくれる友人や、家族、恋人。

 

もしあなたのそばに、そんな人たちがいるのでしたら、
その人たちに愛を伝えるためにキレイ痩せを目指してみませんか^^。

 

彼らはあなたがこれから痩せようと今のままだろうと
変わらずにあなたを愛してくれるでしょう。

 

だって、その人たちにとっては、本当に大事なのは「あなたのキレイ」ではなくて、
「あなたの幸せ」であり、そのためには何でも協力したいと感じてくれているからです。

 

でもだからこそ、彼らのために美しく自分が変わるコトが出来たら。。。
喜びもひとしおですよね^^。

 

私事ですが、まりあにも、キレイを捧げたい大切な彼がいます。

 

恥ずかしがり屋な人なので普段は何も言ってくれませんが
少しの変化も見逃さないで、いつも見守ってくれているようです^^。

 

全てを受け入れてくれるのが分かるから、一緒にいるとホッとします。
だからこそ、彼にキレイな私を捧げることで、喜んでもらいたいんです^^☆

 

ダイエットは真剣勝負で行くべきだけど、深刻になってはならない

 

そしてグラマラスボディに大事なのは
ダイエットに深刻になり過ぎないことです。

 

「脂肪を落として筋肉をつけること」は確かに重要なのですが

 

グラマラスボデイには適度な脂肪が絶対に必要ですし
過度の筋肉をつけては
バランスがとっても悪くなります。

 

日本には様々なダイエットがアメリカから
ひっきりなしに紹介されていますけれど

 

アメリカ由来の方法ってストイックで厳格なモノが多いようにまりあは思います。

 

それは多分アメリカ人の思考が「オール・オア・ナッシング」で
何にでも白黒付けないとスッキリしない傾向にあるから

 

適当なところで肩の力を抜いたり、中庸を選ぶ発想が持てないのでしょうね。

 

それで

 

「食べてはダメなものは絶対に食べては厳禁だし
義務付けられたエクササイズは絶対にやってください」

。。。って感じのダイエットが主流になってしまうのだと思います。

 

ただし、そういう辛そうなダイエットにトライしようと考えるのでしたら
まずは実際にそのダイエットを実践している人たちが
今現在どんな体型をしているのか、よく見てみてくださいね。

 

「沢山宣伝されているから良いんだろう」ではなくて
そういう食事制限やトレーニングが一体どんな結果を生むのか
ちゃんと確認するんです。

 

身近な例で言えば

 

マドンナはあらゆるダイエット法で
真っ先に名前が挙げられる有名人ですよね。

 

プロモーション広告で若く美しい彼女の姿を見てしまうと
ついつい良さそうって思うのも無理はないかもしれません。

 

 

でも、本当は今のマドンナってツアー写真などを見ると分かるように
ほぼ男性のようなカラダをしています。

 

あれだけハードなステージをこなすためには
それぐらい鍛えないとダメなのかもしれませんけれどね。

 

それにしても、脂肪はそげてしまって
筋肉の塊のようになっているんです。

 

勿論そういう体型が理想って場合もあるでしょうけれどね^^。

 

ただし女性らしいボデイを目指すのでしたら
ちょっと方向性がズレるかなって感じます。

 

ダイエットは真剣に取り組まなくては成果はでません。
それは本当です。

 

でも

 

ダイエットを余りにもストイックに取り組み始めたら
絶対にグラマラスな女性にはなれません。

 

眉間にしわを寄せたグラマラスな美女って余り想像できないでしょう?
だからこそ、ちょっとした遊び心を持ちつつキレイ痩せに挑戦すること。

 

それがとっても大事ですね^^☆

 

 

コメントを残す




CAPTCHA