ランジェリーにこだわると、女性ホルモンがまた一段と活性化します

 

ランジェリーで女性ホルモン活性化

ランジェリーは

肌に柔らかく触れ、カラダを彩り、
気持ちを高めてくれる最高に美しい布の芸術。

 

妥協しないで大切な一枚を選びたいものです^^☆

 

 

誰かのためではなく、自分だけのために。肌の上で愉しむセンシュアリティー

 

女性は、春風が優しく愛撫するような官能を肌に感じると


その度に美しくなるように出来ています。


 

。。。そう言ったら驚きますか^^?

 

私たちのカラダを女性らしく形成するのに役立つ女性ホルモンは
実は肌に触れるものに非常に敏感に反応するんです^^。

 

ですから、心地よい肌触りのものが触れると
たちまち活性化されてしまうんですよ。

 

例えば、


絹の着物
がさざめく炎のようにカラダを包み込む
あの優しい愛撫に似た触り心地。

 

とっても女性ホルモンに効きます^^。

 

昔の日本女性は、その滑りゆくような甘美を
日常のように味わっていたのでしょうね^^。

 

それが歴史の中で繰り返されるうちに
「和のセンシュアリティ」として浸透していき
日本女性独特の魅力が培われていったのかもしれません。

 

他にも

 

ゴールドのピアスが耳元にひんやり触れるとか
温めたマッサージオイルが背中に蜜のようにしたたり落ちるとか。。。

 

内側に眠る女性性を覚醒させるためには
様々な肌へのアプローチがあるとは思いますが

 

そんな中でもまりあは


ランジェリーを肌に身につける時の、あの高揚感
が好きです^^。

 

ランジェリーで女性ホルモンを高める

 

リボン、レース、シルク、オーガンジー。。。

 

まるで自分のカラダを宝石のように
繊細な素材でデコレーションしてあげるのって
特別な気持ちになれます^^。

 

しかもランジェリーって色彩もいろいろ楽しめて
嬉しいんですよね^^。

 

今はクリスマスが近いので
情熱のレッドがとってもキュートですけれど^^☆

 

特別なお出かけの際に
赤い洋服の下に着たら可愛いですね^^。

 

 

ランジェリーは香水と同じで、とってもパーソナルなモノ。。。
だからこそ、何にも囚われずに自由に遊びたいですよね^^。

 

好きな彼とのランジェリーの楽しみ方


それでいて、ランジェリーが面白いのは
あくまで自分だけの「秘密」として
センシュアリティーを味わい尽くせるコトです。

 

あ。。でも。。。もう少し正確に言うと
自分と彼だけの「秘密」としてですね^^。

 

 

好きな人と過ごす大切な日に

 

肌の色やスタイルが素敵に見えるランジェリーを
身につけるのってドキドキします^^☆

 

別に相手に見せるってことではなくても

 

特別なモノを肌に身につけているって意識するだけで
振る舞い一つにも優雅さが生まれてきますし

 

ガーターベルトに銃を忍ばせているボンドガールのように


小悪魔のエスプリを心の奥にかかえながらも

天使のような微笑みを浮かべて彼と向き合う。。。


そんな企みも気持ちを高めてくれます^^。

 

そしてもし

 

あなたが「秘密」を彼と共有するコトになったら

 

彼があなたを大切に思ってくれているならば
きっとあなたのどんなイタズラも受け入れてくれるでしょう^^☆

 

「普段誰にも見せない部分だからこそ
お互いにさらけ出したいし、受け入れたいよね。」

 

そんな風に

二人だけの「秘密」を共有するコトについて
まりあの彼は言ってました^^。

 

ただ大切なのは、やっぱり女の品格を落としてはいけませんね。

 

セクシーさとは、洋服とか、ランジェリーが醸し出すものではなく
それらはあくまでも「アクセサリー」でしかないんです。

 

最後はあなたの知性とか、眼差し、仕草や態度。。。
そういったものが、あなたの美しさの価値を決定づけるのですから。

 

だから、ランジェリーをとびきりお洒落に決めたからには
オドオドしたような目をしては、絶対にダメ。

 

自分の美しさに自信を持って

 

彼の魂の崇高な部分を炎で射抜くように
輝きに満ちた目で、ずっと離さずに見つめてあげてください。

 

「何で、そんな目をするの?」

 

。。。そう言って彼がためらうほどの
情熱的な眼差しで見つめながら。。。

 

真夜中の静寂の中
少しづつ、少しづつ、彼を酔わせてあげてくださいね^^☆

 

 

コメントを残す




CAPTCHA