カーヴィーボディをクール&上品に魅せる「脂肪と筋肉のバランス」

 

 

最近の「レトロへの回帰ブーム」から
女性らしいカーヴィーボディへの憧れが強くなっていますね^^☆

 

でも、カラダが余りにもセクシー過ぎると
何だか色気だけが際立って品がない女性に見られそう。。。

 

それは心配しなくて大丈夫^^☆

 

ボディがキラキラでも
格好良く素敵に決める事はいくらでも出来ますからね。

 

ゴージャスなボディをクールに知的に魅せるために大切なポイント
見ていきましょう^^。

 

 

 

ピンナップガールやマリリンモンローの美しさをリメイクする今のトレンド

 

 

マリリンモンローが没後50周年を迎えた2012年。

 

おそらくそれがきっかけになったのだと思いますが
「レトロな女性美」が大きくクローズアップされていますね^^☆

 

柔らかくってグラマラスなボディが特徴的な
ピンナップガールたちの魅力を現代風にリメイクしようと

 

モード、コスメ、ランジェリーで
60年代辺りのグラマラススタイルが大いにもてはやされています。

 

↓↓↓ スカーレット・ヨハンソンもドルチェ&ガッバーナのPRで
マリリンモンローへオマージュを捧げていますね。

 

 

とってもキュートでセクシーです^^☆

 

 

かつてのセクシーを現代風にシックに決めるには?

 

でも、ちょっと迷う部分があります。

 

レトロ時代の女性たちって生活スタイルがクラシックだったから
こういうスイートさ全開のセクシーでも可愛かったんだけど

 

 

ちょっと私たちがこれをそのまま真似すると


「プレイボーイ誌のカバーガール!?」

 

。。。なんて。。。
変な勘違いや誤解をされてしまいそうです。。。

 

だから、これを現代風により恰好良く取り入れて行く
工夫をしたいですよね。

 

そこで、キーになるのが「筋肉と脂肪のバランス」です。

 

◆60年代→脂肪たっぷりのグラマラスボディ

◆80年代→筋肉質のスレンダーボディ

◆現代→筋肉と脂肪をバランス良くつけたカーヴィーボディ

 

時代を大きく捉えると、このように
女性の理想のボディ観が推移していますね。

 

では現代風に洗練されたカーヴィーボディを作る
脂肪と筋肉のバランス感覚について見ていきましょう。

 

脂肪=女性性 筋肉=男性性

 

さて。。。あなたは次のうち、どちらに魅力を感じますか?

 


フェミニンな雰囲気で甘いバニラの香水をつけた女性

フェミニンな雰囲気でほろ苦いビターオレンジの香水をつけた女性

 

おそらく答えは②が多いと思います^^。

何故かと言うと、

 

私たちって甘すぎたり、辛すぎたりするよりも

 

絶妙に足したり引いたりして抑制されたものに
洗練さや魅力を感じるからです。

 

↑↑↑ 知的なビジネスパーソンを演じているスカーレット。
流線形のラインが女性的でデコルテもかなり開いているけれど

 

◆洋服の色はブラック
◆ネイルはヌーディーカラー
◆眉毛は若干強め

 

セクシーな甘さを引き算しているんです。
だからセンシュアルではあっても、品が漂ってますね。

 

 

こうしたセクシーとクールとの間の上手な駆け引きを
どうやってボディメイキングに生かしていくかというと

 

筋肉と脂肪のバランスでとっていくんです。

 

簡単に言うと

 

筋肉=男性性
脂肪=女性性

 

と考えるとわかりやすいと思います。

 

多くの女性がワークアウトをやり過ぎて
筋肉でカラダがゴツゴツになることを敬遠していますが

 

それは正しい考え方で、

 

実は筋肉が増え過ぎると
カラダには男性ホルモンの分泌が増えてしまうんです。

 

そもそも女性のカラダが柔らかいのは男性よりも脂肪があるからですね。

 

この脂肪がコラーゲンや、女性ホルモンなどの材料になっているので
ある程度カラダにある事で、女性らしい美しさを保てているってことになります。


因みに女性の理想的な体脂肪率は20~25%くらいです。

 

それよりも低くなって体脂肪率が15%を切ってくると
だんだんカラダもココロも男っぽく変化していき

 

10%を下回れば
生理が止まってしまうことにも。。。

 

ですから、最初に大切なのは
脂肪をあまり落としすぎないこと。

 

では、筋肉はいらないの?って言うと。。。

 

筋肉こそがカーヴィーボディを
現代バージョン風に格好良く決める鍵になるんです。

 

脂肪たっぷりで、筋肉が無いカラダは
現代ではプレイメイトみたいに軽く見えてしまいます。

 

未だにピンナップガールやマリリンモンローを
ストレートに目指しているのは
時代遅れな気がしますしね。。。

 

それに、実は筋肉って
美しいカラダの弾力やハリを表現するものなんです。

 

いわゆるモダンなメリハリボディは脂肪だけでは作れなくって
筋肉という土台があるからこそなんですね^^。

 

但し、女性に必要な筋肉っていわゆる姿勢を美しく保ったり
ボデイラインを上向きにアップするための柔らかい筋肉です。

 

マッチョに見える硬い筋肉は必要ないですからね^^。

 

ですので、筋肉を程よくつけたい場合は
呼吸が乱れない程度の運動で作ってください。

 

 

筋肉の量を増やすというよりは、筋肉の質を高めるという意識で
リラックスしながらカラダを動かしましょうね^^☆

 

 

4件のコメント

  • ランキングからお邪魔します^^

    脂肪と筋肉のバランスは大切ですよね。
    どうしても無理なダイエットをしてしまう方に、
    読んでもらいたい記事だと思いました。

    参考になります。

    それでは応援して帰ります。
    ぽち!

    • まりあ

      翼さんへ

      コメントを頂きありがとうございます^^。

      無理なダイエットをすれば
      綺麗が手に入るって思い勝ちですが
      実は逆だったりしますね^^☆

      正しいダイエットの知識を身につけて
      もっと楽しく美しい体を手に入れたいモノです。

      応援ありがとうございますね^^☆

  • やっぱり、バランスが大切なんですね。
    それに、引き算の考え方もすごく参考になります。

    • まりあ

      かずきさんへ

      コメントを頂きありがとうございます^^☆

      >やっぱり、バランスが大切なんですね。
      >それに、引き算の考え方もすごく参考になります。

      ダイエットってどうしても自分や周りが見えなくなって
      色々な事がエスカレートしてしまうのですが

      しっかりとバランス感覚を持つことで
      冷静に自分の美しさを見ることが出来るかなって思いました^^☆

コメントを残す




CAPTCHA